Skip to content

30代で外資系での転職&キャリアアップ術

大学卒業と同時に教職に就きましたが、夫の転勤に伴い離職しました。その後、3社の外資系企業への転職経験がございます。1社目の外資系企業では、派遣社員として翻訳業務・本社へのリポート・秘書などのサポート業務に従事しました。半年後、正社員として2社目に転職し、海外事業部にて食器の輸入業務全般に携わりました。ブライダルにまで販路を拡大しましたが、親会社の経営悪化により業務縮小となります。その後、外資系企業の社長秘書として3社目に30代で転職しました。小規模の企業であったため、秘書業務ほか、輸入業務・営業事務・貿易事務も担った経験がございます。

はじめに30代転職サイトに登録し、人材紹介会社からのスカウトを待機しました。登録直後や登録内容の変更直後はスカウトを受けやすく、慎重に紹介会社を選んだ記憶があります。
スカウトメールの内容を精査したうえで複数のコンサルタントとコンタクトを取り、自分の目指すべき業務内容とのマッチングを図っていただきました。会社の規模・社風・スキル・経営者のマネジメント法を鑑み、コンサルタントに助言を頂きながら企業を選びました。

「30代での転職」、「教職からのキャリアチェンジ」というだけで、「あの資格を取ってから」などという余裕はありませんでした。英語を使う仕事・平均的な年収という条件以外は「全て経験」と考え、新しい職種でも挑戦する気持ちで面接に臨みました。まずは入社後一定の結果を出すことを目的としていましたので、自分の業績が経営陣にアピールしやすい職種を最初から選び、入社後の姿をイメージしながら自身のモチベーションにつなげました。果敢に挑戦する姿勢は、今思い返しても、全てよい結果に結びついていたと自負しています。

Published in未分類